“きぶみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黄文100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども、やがて、山背王の密告は打消すことができなかつた。廃太子道祖王、黄文王、安宿王、橘奈良麿、大伴古麿、小野東人らが皇太子と押勝暗殺のクー・デタを企んでゐるといふのであつた。
道鏡 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)