“きふごしら”の漢字の書き方と例文
語句割合
急拵100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以前、外国人である父の友達が滞在した時、ここの田舎町の家具屋で急拵えにつくつた箱のやうな寝台があつた。涼み台のやうな長椅子があつた。武骨な食卓があつた。
F村での春 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)