“かきだい”の漢字の書き方と例文
語句割合
掻鯛100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と是からお吸物に結構な膳椀で、古赤絵向付けに掻鯛のいりざけのようなものが出ました。続いて口取焼肴が出る。数々料理が並ぶ。引続いて出て来ましたのは深川の別嬪でございます。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)