“おちどき”の漢字の書き方と例文
語句割合
落刻100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
灯のつく頃に、だいぶ苦痛に疲れた怪我けが人は、もううめく力も失せたらしい。汐の落刻おちどきに向うのではないか。皮膚の色、吸う息のもよう、刻々と悪いほうへ変ってくる。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)