“おおう”の漢字の書き方と例文
語句割合
大蜿100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小さい御花畑を作っている、霧の切れ目に、白河内岳が眼の前に、ぼんやり現われた、足許は偃松はいまつ大蜿おおうねりで、雲は方々の谷から、しきりに立ち登る、太古の雲が、初めて山の肌に触れたのは、この辺からではあるまいか
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)