“うすひね”の漢字の書き方と例文
語句割合
碓氷嶺100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
故に碓氷嶺うすひねに登りて東南を望み三たび歎じて吾妻あずまはやといった。