“いりね”の漢字の書き方と例文
語句割合
伊理泥100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次に山代やましろ大筒木眞若おほつつきまわかの王、同母弟いろせ伊理泥いりねの王が女、丹波の阿治佐波あぢさは毘賣に娶ひて、生みませる子、迦邇米雷かにめいかづちの王