“あじがも”の漢字の書き方と例文
語句割合
味鴨100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一首の意は、山の端をば味鴨あじがもが群れ鳴いて、騒ぎ飛行くように、多くの人が通り行くけれども、私は寂しゅうございます、その人々はあなたではありませぬから、というので、やはり女性の歌として解釈するのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)