“あさじみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
朝凍100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わが故郷ふるさとは、朝凍あさじみ眞葛まくづはらかへで
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
朝凍あさじみの海苔のしがらみつらつらに見れども飽かず小舟
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)