“蟆子”の読み方と例文
読み方割合
ぶよ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蟆子ぶよ蜉蝣かげろうや蜂が飛んでいたが、それらの昆虫の翅や脚などをも輝かせて、いかにも楽しく躍動している「春の魂」のように見せた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そのうちにようやく、隙間もなく何か書き埋めた一枚の紙が取り出された。それには百姓たちの名前が、まるで蟆子ぶよでもたかったようにぎっしり書きこんであった。いろんな名前がある。
若葉陰しみみにまとふ蟆子ぶよの羽の眼にかゆきからわれは掻くなり
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)