“螻蛄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けら85.7%
おけら14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蚯蚓が詩人と間違えられたのは、たまさかその巣に潜り込んで鳴いている螻蛄けらのせいで、地下労働者の蚯蚓は決して歌をうたおうとしない。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
また、死といえば蟻、螻蛄けら羽虫はむしになっても縷々るると転生してしまう暢気極まる死です。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
廬陵ろりょうの太守龐企ろうきの家では螻蛄けらを祭ることになっている。
螻蛄けらだと思って勘弁してやるから
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やつと口説き落して、家来が剃刀を持つて後に立つと、気むづかしやの殿様は螻蛄けらのやうに頭を振つてどうしても剃らさうとしなかつた。
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)