“一提”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひとさ33.3%
ひとさげ33.3%
ひとつさげ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何たッて、黒谷くろだにの欲ばり尼が相手だから、安いものしろじゃ、換えッこねえ。玄米くろごめ一提ひとさげに、おれの胴着一枚よこせと、吹ッかけやがったが、値打は、たっぷりと見て、買うてやった。……どうだ、この童は」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
手桶てをけ一提ひとさげ豆腐とうふではいつものところをぐるりとまはれば屹度きつとなくなつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
真白まっしろなこんこん様は何処の御穴おあなへもぐり込んだのか不思議に姿をくらましたもんさな。何しろ涼しくって閑静でいい。それにいくら涼んでもお茶代いらずというのだからこれがほんに有難山ありがたやま時鳥ほととぎすさ。」と腰なる一提ひとつさげを取出して種員は仙果の煙管きせるから火をかりて一服した。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)