“麻疹犬”の読み方と例文
読み方割合
はしかいぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あんたは、その気でも、向こうは麻疹犬じゃ。日ごろから、江崎は、若松で、玉井組がのして来たのを心よう思うちょらんけ、うるさいことに、なりゃせんな?」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)