“鳬”の読み方と例文
読み方割合
けり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其の裡に室内の談合は旨くが付いたものと見え、と鎮まって居りました。女の事はどうしたんだろう。
陳情書 (新字新仮名) / 西尾正(著)
短く鶴長し、柳は緑、花は紅、人豈吾と同じうすべけんや。此星の栄は彼の星の栄に異なり。福沢君の天職は日本の人心に実際的応用的の処世術を教ふるに在り。
明治文学史 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
初めの中はそのくらいで山に関する対話もがつき、親子はぶらぶら歩きだした。
箱根の山 (新字新仮名) / 田中英光(著)