“馬庭念流”の読み方と例文
読み方割合
まにわねんりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子供たちはそれぞれヒイキがあった。私は猿飛佐助が一番好きであったが、剣術使いの方では主人公ではなしに馬庭念流という流派にあこがれていたのである。
それが馬庭念流だ。
馬庭念流のこと (新字新仮名) / 坂口安吾(著)