“顳顬筋”の読み方と例文
読み方割合
せつじゅきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老教授の顳顬筋はぴりぴりと顫動し、蒼ざめた顔には、さっと血の色がのぼった。それも無理もない、息子の生死のわかれ目なのだ。
予審調書 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)