“顕彰会”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けんしょうかい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“顕彰会”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
顕彰会けんしょうかい本の宮本武蔵伝も、このことは、
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大川周明、安岡正篤まさひろなどが、宮本武蔵研究を発表していたのは、震災前だし、その以前に井芹経平いぜりきょうへいも武蔵会雑誌に書き、熊本には宮本武蔵顕彰会けんしょうかいが古くからあり、僕は見ないが
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)