“靴底”の読み方と例文
読み方割合
くつぞこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして彼女は一語一語にもったいをつけた。どの語も強調された。りが鉛の靴底をつけて進んでゆき、各文句に一つの悲劇がこもっていた。
それがおもしろいことには靴底の皮革の部はすべらないで、かかとのゴムの部分だけがよくすべるのである。
日常身辺の物理的諸問題 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ある薬種商がサンブル・エ・ムーズの軍隊のためにボール紙の靴底を発明し、それを皮として売り出して四十万リーヴルの年金を得、ある行商人が高利貸しの女と結婚して二人の仲に七