“靉靆模糊”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あいたいもこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すでにあたりは靉靆模糊あいたいもことして樹々の繁み、本堂の彼方には夜の闇がひたひたとい寄っているように思われた。
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)