“闘諍言訟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とうじょうごんじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“闘諍言訟”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 各宗6.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
釈迦の予言によれば、釈迦滅後、五百歳ずつを一区画として、正法千年、像法千年を経て第五の末法の五百年に、「我が法の中に於て、闘諍言訟とうじょうごんじょうして白法びゃくほふ隠没せん(大集経)」時ひとり大白法たる法華経を留めて「閻浮提えんぶだいに広宣流布して断絶せしむることなし(法華経薬王品)」と録されてある。