“開塾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かいじゅく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“開塾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
最初の日曜が来た。開塾かいじゅくの日がちょうど月曜だったので、まる一週間になる。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
開塾かいじゅく中は、次郎は、朝倉先生夫妻だけを空林庵くうりんあんに残して、本館の事務室につづく畳敷たたみじきの小さな部屋に、ひとりで寝起きすることにしているのである。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)