“金春会:こんぱるかい” の例文
“金春会:こんぱるかい”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
“金春会:こんぱるかい”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 能楽 狂言5.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
僕は或早春の夜、富士見町の細川侯の舞台へ金春会こんぱるかいの能を見に出かけた。と云ふよりもむしろ桜間金太郎氏の「隅田川」を見に出かけたのである。
金春会の「隅田川」 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)