“蹐:しゃが” の例文
“蹐:しゃが”を含む作品の著者(上位)作品数
黒岩涙香1
“蹐:しゃが”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
所が幽霊塔の裏庭へ這入り、堀端に在る輪田夏子の墓の前へしゃがみ、二十分ほど泣いて居ました、爾して堀に向かった方の窓を開き其の中へ這入って了いました、何でも玄関からでは人に見られるから、誰にも知らさぬ様に
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)