“豊聡耳王”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とよとみみのみこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“豊聡耳王”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
曰、豊聡耳王とよとみみのみこの創むる所にして、年を閲すること既に一千余、唯魯の霊光の巍然として独り存するのみならずと。余かず。遂に世粛を見る。明年西帰し、再び到れば、則ち世粛已に没し、浮屠もまた梵滅ぼんめつせり。
僻見 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)