“蝶々:バタフライ” の例文
“蝶々:バタフライ”を含む作品の著者(上位)作品数
三浦環1
“蝶々:バタフライ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 劇音楽50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その時戸外からピンカートンの「蝶々バタフライさん」と呼ぶ声がして領事とピンカートンが駆け込んできました。
お蝶夫人 (新字新仮名) / 三浦環(著)