“落人:オチウド” の例文
“落人:オチウド”を含む作品の著者(上位)作品数
喜田貞吉1
“落人:オチウド”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
所謂ケットはその秋山谷の代表的なもので、彼らは自ら平家の落人オチウドと称し、他と交通縁組を忌み、近い頃まで普通教育も実施されず、他村人が訪問しても確かな紹介が無ければ面会もせず、時としては戸を閉して隠れてしまう程だったという。
「ケット」と「マット」 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)