“萼弁:がくべん” の例文
“萼弁:がくべん”を含む作品の著者(上位)作品数
牧野富太郎1
“萼弁:がくべん”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その大サは幅が十間ばかりもあったであろうか、長く下の方まで連っているのでその長サがどの位あるか殆んど窮めが附かない、この雪の両側にはキンバイソウが黄金色の花を開いて夥しく生じておった、その萼弁がくべんが十枚以上あって
利尻山とその植物 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)