“纛幡”の読み方と例文
読み方割合
タウバン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其原始的の用途を考へることが出来るので、かの大嘗会の纛幡の竿頭の飾り物も、後世のは籠をとして黒鳥毛を垂したものである。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)