“繩手通”の読み方と例文
読み方割合
なわてどお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この公使の一行が赤い軍服を着けた英国の護衛兵(いわゆる赤備兵)を引率し、あるいは騎馬、あるいは駕籠で、参内のために智恩院新門前通りから繩手通りにかかった時だ。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)