“綱島”の読み方と例文
読み方割合
つなしま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
M君は綱島梁川の言として、先ず神を見なければ一切の事悉く無意義だ、神を見ずして筆を執るなぞ無用である、との説に関し、自身の懊悩を述べ、自分の様な鈍根の者は
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)