“紡錘竹”の読み方と例文
読み方割合
つむだけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
祖母の紡いだ糸を紡錘竹からもう一ぺん四角な糸繰りに巻き取って「かせ」に作り、それを紺屋に渡して染めさせたのを手機に移して織るのであった。
糸車 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)