“納洞”の読み方と例文
読み方割合
のうどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の姉祝融夫人も、その良人孟獲も、今はそれだけを一縷の希望につないでいたところである。やがて八納洞の木鹿が数万の兵をつれて、市門へ着くと聞くや、夫妻は王宮の門を出て迎えた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)