“糾纏”の読み方と例文
読み方割合
きうてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
按ずるに標題の糾繩は隋書に「若不糾繩、何以粛厲」と云つてある如く、ただす義である。此を以て此書に名づけたのは不審である。わたくしは或は糾纏の誤ではなからうかと疑つた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)