“系図”の読み方と例文
旧字:系圖
読み方割合
ツギブミ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
允恭天皇の世、大和国味白檮岡言八十禍津日前で、探湯をしたことがある。家々の系図——古くはつぎ、記録になつたのがつぎぶみ、後にはよつぎと言ふ。
古代人の思考の基礎 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)