“糝出”の読み方と例文
読み方割合
さんしゅつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雄花はいわゆる葇荑花穂を成し褐緑色で下垂し細花集り着き黄色花粉を糝出する。雌花穂は小形で分枝せる梗端に着き暗赤色を呈している。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)