“粗毛”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あらげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“粗毛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一人は粗毛あらげの帽子をかぶり、赤、黄で刺繍ぬいとりをした上衣を着、珈琲キャフェ色の薄い唇の上に見事な口髯をたくわえた、——つまり、疑いもなくコルシカの山地の人間だということは、その腰にぶっそうな匕首プニャアレを帯びているのでもわかる。