“粕谷治助”の読み方と例文
読み方割合
かすやじすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
河野はに堺から大阪へ往って西区紀伊橋西北詰粕谷治助と云う人の許にいた。
神仙河野久 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)