“篷屋”の読み方と例文
読み方割合
トマ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此は日本国の元祖の村々が、海岸に篷屋を連ねた大昔からあつた神の故事である。幼い神が海のかなたの常世の国から、うつかり紛れて、此土に漂ひ寄る。
山のことぶれ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)