“白羊宮:アリエス” の例文
“白羊宮:アリエス”を含む作品の著者(上位)作品数
小栗虫太郎1
“白羊宮:アリエス”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何故なら、通例では、春分点のある白羊宮アリエスが円の中心になっているのだけれども、これには磨羯宮カプリコルヌスが代っている。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
それによると、磨羯宮カプリコルヌスのL形がB、天秤宮リプラの〓形がD、巨蟹宮カンケルの〓形がR、そして、白羊宮アリエスの〓がEとなる。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)