“白狐龕:びやくこがん” の例文
“白狐龕:びやくこがん”を含む作品の著者(上位)作品数
石川啄木1
“白狐龕:びやくこがん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
にも不拘、常に此新山堂下の白狐龕びやくこがんを無賃の宿として居るといふ事も亦、自分の聞き知つて居る處である。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
此お夏は今、狹い白狐龕びやくこがんの中にペタリと坐つて、ポカンとした顏を入口に向けて居たのだ。餘程早くから目を覺まして居たのであらう。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)