“白牛酪”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はくぎゅうらく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白牛酪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「これは、チュガ公の母親がこしらえた白牛酪はくぎゅうらくだよ、薬物だから、少しお食べ」
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そのはず、白牛酪はくぎゅうらくとはすなわちバタのことで、茂太郎は、パンにもなんにもつけないバタを、高価なる薬品として振舞われているのだから、ばかばかしいといえば、ばかばかしいこと。
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)