“牛酪:バタア” の例文
“牛酪:バタア”を含む作品の著者(上位)作品数
南部修太郎1
“牛酪:バタア”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「牛は今六十頭をります。」などと、S氏は云つた。牛舍は見るからに美しく整頓してゐた。それから丘を登つて修道院の裏手に行くと牛酪バタアの製造場があつた。
修道院の秋 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)