“満行”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まんぎょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“満行”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 神道 > 神祇・神道史50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして、七月の末になってもう二三日すると満行まんぎょうになると云う日になって、河野は宿の主人を呼んだ。
神仙河野久 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)