“柔輭:じゅうなん” の例文
“柔輭:じゅうなん”を含む作品の著者(上位)作品数
南方熊楠1
“柔輭:じゅうなん”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『大薩遮尼乾子受記経』巻三にも、転輪聖王の馬宝は、〈色白く彼抅牟頭華のごとし、身体正足、心性柔輭じゅうなん、一日三遍閻浮提を行ず、疲労想なし〉とあり、古インド人白馬を尊べるを知るべし。