朋輩ともがら)” の例文
そんなのはありやしません。もとの朋輩、——菱屋が盛んだつた頃の手代仲間の清次郎と一と月ばかり前に立ち話しをしてゐたのを
「そんなのはありゃしません。もとの朋輩、——菱屋が盛んだった頃の手代仲間の清次郎と一と月ばかり前に立ち話をしていたのを見た者がありますが、平常は、往き来もしていなかったようで——」