“撕毀摧燒”の読み方と例文
読み方割合
せいきさいせうして100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藤枝冡荷溪碧字風曉才調獨絶工畫能詩。(中略)於詩意期上乘是以生平所作多不慊己意撕毀摧燒留者無幾。」菊池五山は西駿の知己二人として、荷溪と苾堂とを並記してゐる。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)