“摚々”の読み方と例文
読み方割合
どうどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その音は轟々と吹く風に吹き散らされ、摚々と崩れる波に入り乱れて物凄い限りを極めた。
幽霊と推進機 (新字新仮名) / 夢野久作(著)