“御頓着”の読み方と例文
読み方割合
ごとんじゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
併しあの場所へ浮れてお出で遊ばす方はそんなことに御頓着はなさらぬものでな、お気に召した花魁でも参り、程のよいお世辞の一つも言われると、土砂をかけた仏様のようにお成んなさる。