“帳中”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちょうちゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“帳中”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
秀吉も知っている松永久秀のごときは、真昼、愛妻と帳中ちょうちゅう交戯こうぎしながら、将士の報告を聞くのに、そのとばりを半ば上げて聞いたということだが、秀吉の人間性では、それほどまで、人間自体を、侮辱ぶじょくできなかった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)