“屈辱:くつぢよく” の例文
“屈辱:くつぢよく”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“屈辱:くつぢよく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
負けん氣の萬七には、それは我慢のできない屈辱くつぢよくでしたが、陽はけて早くも晝を過ぎてゐるのに、まだ下手人の見當もつかないやうでは、檢屆の役人への言ひ譯も立たなかつたのです。